最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

心停止を救うアイテム

病院の中

人の体は、心臓が一定の速度で確実に送り出す血液によって動いています。
「人にとってのガソリンである」という言い方をすることもありますが、何しろ心臓がちゃんと動くこと、血液が体中をめぐることが必要不可欠です。
体を締め付け過ぎるようなものを身に着けるのはよくないという理由は、そういうところにもあります。血がうまく通わなくて、具合が悪くなってしまうことがあるのです。
しかし、血のめぐりをしっかりしたものにするためには、血管を押さえつけないようなある程度の余裕を持った服装をしていればいいわけですが、血液を体に送り出す大もとの部分となる心臓が、突然止まってしまうこともあります。
何気なく書いてしまいましたが、「心停止」と言って、起こり得ることなのです。

■心臓の動きを取り戻す
心停止は、血液を体中に向かって送り出すポンプの動きをしている心臓が、その動きを急に小さなヴァイブレーションみたいな振動に変えてしまい、やがては止まってしまうという道筋をたどることが多いものです。
医学的には、「心室細動から心停止へ」という言い方をします。こうなってしまうと、心臓マッサージをするとか何とか、とにかく心臓を再び動かすための行動に出なければなりません。
もちろん、まわりの人が。しかし、誰もが慌てず騒がず、正確に心臓マッサージを、倒れた人が蘇生するまでやり続けることが出来るかといえば、必ずしもそうではありません。
なかなか、簡単に出来るものではないからです。
そこで登場するのが、正式には自動体外式除細動器、略称であるAEDの名でよく呼ばれているアイテムなのです。

■自動体外式除細動器
AEDは、初めて使う人でも、機械に備え付けられた説明書や音声システムによって、簡単に心停止に対応することが出来るアイテムです。
簡単にいえば、この機械は心臓に電気ショックを与えるもので、機械からコードを伝って伸びるパッドを倒れた人の胸に貼り、スイッチを押して電気を流します。
もちろん、心停止に陥った心臓を、再びポンプの動きに安定させるための機械ですから、安価なものであるとはいえません。価格はそれなりのゼロが並んだものになります。
人の集まる公共施設に加え、個人のお家でもこの機械を取り入れようかと考える人が増えています。決して安くはない価格ですが、この機械が実現することは、損になることはないといえるでしょう。
AEDにかける価格は、いうなれば急な場合にしっかりと対応できる、その安全にかける価格であるといえるのです。

オススメリンク

注射

購入すること

AEDの使い方は、それほど難しいものではありません。本体と、そこに付属するコード、コードの先に取り付けるパッド。この3つが特に大事なもので、本体にボタンが2つあるのも忘れたくないポイントです。<Read more

関連リンク